コレを知らないとWeb集客できない。検索数の調べ方

検索数を調べないなんて!とんでもない

Web集客で「検索数」というと、
あるキーワードが1ヶ月の間にGoogleで調べられた回数を意味します。

 

search_volume

例えば、美容院というワードが1ヶ月に9万回検索されていたら、
美容院の検索数は9万というように使います。

そして、この検索数はWEB集客の世界で一番大事な数字と言っても過言ではありません。

なぜなら、検索をする人はキーワードについて興味を持っているのですから、

検索数=見込顧客数と考えられるからです。

検索数の調べ方

Googleのサービスを利用することで、
キーワードの検索数を調べることができます。

Google AdWords キーワードプランナー

 

キーワードプランナーの画面を表示

keyword-volume01

左上にログインがありますので、こちらをクリックしてログインします。
(事前にGoogleアカウントが必要です。予め取得してください)

 

 

keyword-volume02

新しいキーワードと広告グループの候補を検索をクリックすると、
入力できるエリアが表示されます。

 

 

keyword-volume03

こちらに、検索数を調べたいキーワードを入力します。

 

 

keyword-volume04

美容院の検索数を調べたい時は、
美容院と入力して、候補を取得をクリックしましょう。

 

keyword-volume05

グラフや表が表示されますが、この画面では「美容院」の検索数は分かりません。
キーワード候補というタブをクリックします。

 

 

keyword-volume06

 

美容院の検索数が表示されます。
月に90500回検索されていますね。

また、下の表には美容院に関連するキーワードの検索ボリュームも表示されていますので、
もっと購入に繋がりそうなキーワードが見つかるかもしれません。

 

検索数をWeb集客に活かす

シャンプーやヘアトリートメンの商品を扱うWebサイトでも、
美容院というキーワードを狙うのは得策ではありません。

美容院というキーワードは9万回以上も検索されているので、
一見すると見込顧客が多そうに感じます。

しかし一般的に、検索数が多いキーワードは上位表示させるのが難しいです。
美容院でGoogleの1ページに表示されるには、時間とお金がかかると言えます。

そこで、重要になるのが複合キーワードです。
シャンプーやヘアトリートメンの商品を扱うWebサイトであれば、

・美容院 シャンプー
・美容院 業務用 シャンプー

などで検索する人の方が、購入に結びつきやすいですよね。

「メインとなるキーワード + 絞り込むキーワード」

を加える事で、検索数は減りますが、上位表示はしやすくなります。
さらに、成約に繋がりやすい訪問者が訪れるので、対費用効果に優れた方法です。

複合キーワードを検索するには

キーワードプランナーの上部にキーワードを再度入力します。
(2語で検索する場合は、単語の間にスペースを入力します)

keyword-volume07

美容院 シャンプー の検索数は2400であることが分かりましたね。

ページ上部へ戻る