キーワード含有率を調べて内部SEO対策する

キーワード含有率を意識して内部SEO対策しよう

内部SEO対策の1つとして、コンテンツを強化する方法があります。
検索上位を狙うキーワードに関する記事を増やすことで、
Googleに「私のサイトは○○に関して、情報が豊富です」と知らせる訳です。

Googleは優秀と言われていますが、
サイトを見て確実に何について書かれているページかを教えてあげると、
検索上位表示されやすいです。

Googleに対して、
このページは何について書かれているかを教えてあげる方法の1つとして、
キーワード含有率が挙げられます。

このページは、キーワード含有率について説明します。

キーワード含有率とは

キーワード含有率とは、
Webページ内に特定のフレーズがどのくらい含まれるかを示す尺度@bpです。
基本的に狙うキーワードは含有率を高くする必要がありますが、
ページ内全てをキーワードだけで埋め尽くすなどは意味がありません。

それは、SEO対策ではなく、「スパム」です。

キーワード含有率の調べ方

キーワード含有率はSEOチェキというサイトで調べるのが簡単です。

1.SEOチェキを開く

SEOcheki01

URLというところに、確認したいページのURLを入力して、
「チェック」ボタンをクリックします。

2.キーワード出現頻度チェック

SEOcheki02

ページが遷移するので、右下の「キーワード出現頻度チェック」の
下にある「チェック」ボタンをクリック。
(URLは自動的に入るので、入力する必要はありません。)

キーワード含有率をチェックする

キーワード含有率が自動的に表示されます。
※画像は、このページの調査結果です。

SEOcheki03

キーワード含有率はどのくらいがいいのか?

キーワード含有率は具体的に何%が最適なのかという議論を度々見かけますが、
個人的には、最適な%は存在しないと思います。

サイト内でもっとも頻出する(含有率が高い)キーワードが、
狙うキーワードであるようにした方がよいでしょう。

そのように考える理由ですが、
もしも、「Web集客」に関する説明をするサイトが、
Web集客を店舗と立地を例に説明したとします。
あまりに、店舗と立地の例が長すぎて、
そのページには、「店舗」と「立地」というフレーズが多すぎたとします。

そのページの訪問者は一見して「Web集客」について説明しているページと認識できるでしょうか?
むしろ、「店舗」と「立地」について説明しているページと解釈してしまうのではないでしょうか?

Googleも同じだと思います。
そのページで一番多く使われているキーワードが、
そのページで一番説明したい内容と認識すると考えるのが自然です。

個人的には、キーワードを意識して、普通にページを作れば、
キーワード含有率は4%から6%程度に納まることが多いと感じています。
1つの目安としてみてください。

キーワード含有率を調整する方法

キーワード含有率をチェックして、問題があるようなら、
調整をする必要があります。

具体的に調整する方法ですが、

キーワード含有率を上げる

  • 代名詞(これ、それ)を使わないで。キーワードをそのまま使う。
  • 似たような説明を繰り返す。
  • (ただし、キーワード以外は違う言い回しをする)

キーワード含有率を下げる

  • キーワードの代わりに代名詞をつかう。
  • 同じような内容の文章を削除する。

キーワード含有率についてのまとめ

  • キーワード含有率とは、Webページ内のキーワード出現頻度
  • キーワード含有率はSEOチェキで確認できる
  • Webページ内で狙うキーワードが一番出現するようにするとSEO的に有利
ページ上部へ戻る